女性の起きる抜け毛は、女性ホルモンのエストロゲンが不足してしまう事です。

エストロゲンを促す生活を送る事が大切で、エストロゲンは卵巣から分泌されています。

このホルモンは女性らしい体つきを作ってくれたり、肌のハリやツヤを保ったり代謝を促すので肥満を予防したりする働きもあります。

エストロゲンは生えたての髪の毛を太くして、長く成長させていく効果があります。量が減ってしまうと、髪の毛が育たたなくなり抜け毛の原因になります。

ホルモンの分泌量が減る原因は、寝不足や女性の場合は生理不順になりエストロゲンが分泌量が減少してしまいます。

自律神経の働きが鈍ってしまい、ホルモンの分泌を促す信号が出にくくなります。

更にストレスを過度に溜めてしまうと、同じ原理で分泌量が減ってしまいます。

偏食や不規則な睡眠習慣等の生活習慣の乱れも、女性ホルモンが減ってしまう原因になります。

不規則な生活習慣を続けていると、生理不順やストレスの原因にも繋がります。

卵巣から分泌されているので、分泌量が20代を迎える頃から最も多くなります。

しかしその後は閉経に向かい分泌量が減っていき、更年期に入る40代50代にかけて減少していきます。

中高年の女性は女性ホルモンが急激に減少するので、抜け毛が起きやすいのです。

バランスの良い食事内容を心がけたり、食べる時間も決めて睡眠時間も7時間取る事を意識します。

適度な運動習慣も健康管理に大切で、運動を行うと筋肉が活性化するだけではなく血流や代謝も良くなる効果を期待出来ます。

運動は脳に 精神疲労を回復してくれるセロトニンやエンドルフィン等の神経伝達物質の分泌を促す事が出来ます。

これによりストレスを軽減出来るので、抜け毛の予防が可能です。

日頃の生活を見直して健康を意識していく事も、抜け毛に対しては良いです。