私は、暑くなり頭皮に汗をかくようになる季節になると頭皮に湿疹ができ、湿疹と共に抜け落ちる抜け毛に悩んでいました。

湿疹によるかゆみで頭皮を掻いてしまうと、ふけのような塊と共に髪の毛が抜け落ちるのです。頭皮を掻かないようにとかゆみを感じたらすぐに頭皮に塗る薬を塗るのですが、直後は気持ちがよくても、すぐに効果はなくなってしまうので、結局また掻いてしまい抜け毛になりどうしても抜け毛を防ぐことができませんでした。

原因は頭皮による汗から、悪い物質が分泌され頭皮湿疹を起こすのだと思っています。

皮膚科で診てもらっても頭皮脂漏性湿疹としか言ってもらえず、薬を処方してもらうだけでした。

実際薬を塗っても、正直治る方向に向かっている実感はありませんでした。

湿疹がとてもかゆいので触ってしまうと髪の毛が数本絡みついた塊が取れてしまい、結果、ひどい抜け毛になってしまいました。

特に洗髪する時はひどく、髪をどれだけ優しく洗ってもシャンプーを流すとどっさり髪が抜けてしまいとてもショックでした。

私は、薬を塗って頭皮を触らないように過ごすという対処しか思いつかず、痒くてもなるべくかかないように我慢していました。

汗をかかない季節になり、徐々に改善してきましたが、抜けてしまった髪は戻らず、結局、全体の髪の量が減ってしまいました。

次の夏には、頭皮に湿疹ができないようにするため、日頃から気を付けていることがあります。

常に頭皮をジメッとさせないようにすることです。

髪を洗ったら頭皮に湿り気を残さないように乾かします。

なぜならば、頭皮に湿り気を残した次の日に湿疹がひどくなり、一時的により抜け毛が増えた経験があったからです。

また、頭皮に傷をつけて頭皮を弱らせないように頭をかかないようにしています。

最も心がけていることは、髪を洗う時爪を立てず優しくしっかり洗う事です。

湿疹ができる季節になるとごっそり髪が抜けてとてもショックですが、湿疹ができていない時はしっかり洗ってもそこまで抜け毛はないので、日常的に頭皮を清潔にすることが大切だと思いました。

脂漏性湿疹による抜け毛により、部屋中に髪の毛が落ちているので、家族からもすごく髪の毛が落ちていると指摘され、それがまたショックに感じ、抜け毛が助長されてしまいました。

私の場合は季節性の病による抜け毛ですが、その時期はすごく抜け毛がひどかったので非常に落ち込みました。

しかし今年は汗ばむ季節になりましたが、幸い湿疹が起きていません。

日ごろの予防の効果があったのかなと思っています。